荷物を減らすためにはやる事を一つに絞ると良い[断捨離]

つい荷物が増えがち、とまとです。



f:id:bump-rikuzyo:20170111110927j:plain


この世の中には2種類の人間しかいません。日々の荷物が多い人と少ない人。旅行となると顕著に荷物の差が出ます。先ほども書きましたが僕は荷物が増えがちでした。あるルールを決めるまでは。




今回は荷物が増えがちな人のために、なぜ荷物を減らし始めたのか、荷物を減らすメリット、具体的な荷物の減らし方を書いて行きます。








・荷物を減らそうと思ったきっかけ


僕は荷物が多い人間でした。めっちゃカバンが重くて肩凝りが日常茶飯事でした。


そんな僕は最近断捨離ブーム。元を辿ればお金が欲しくてメルカリで色々なものを売り始めたのがきっかけ。売れないと思っていた本、ゲーム機、服、カバンが飛ぶように売れてびっくりしたのが印象的でした。



今まではこれいつか使えるかも知れないと思って売るという行動に移れませんでした。プレゼントされたものは更に売るのを躊躇してました。保有欲みたいなものが働いていてました。でも実際に使うのは年に1、2回。さらに言えば使わないものも多かったです。あれ?要らなくね。




実際に売れて、家から物がどんどん減って行きましたが、困ることは全然ありませんでした。むしろ家が片付いて行き、清々しい気分になりました。物が少なくなったことで、今まではあったけど気づかなかった物を使うようになったり、服やカバンの選ぶ時間が短くなったり。不思議なものです。








・荷物を減らすメリット



荷物が出しやすくなる


カバンが軽いので身軽、肩凝りなし


カバンが傷みにくい


忘れ物をしない


気持ちがシャキッとする





まず物が減るので荷物の出し入れが簡単になったり、カバンの中を探し回ることがなくなります。欲しいものがすぐに見つかるのでストレスフリーです。おまけに軽いので肩凝りも軽減される。



また物理的にカバンが長持ちします。値段が高いカバンほどデザインに力を入れている場合も多く、傷が行きやすかったり、生地が破れたり、汚れたり紐が切れたりします。荷物が減れば減るほどそのリスクも軽減されます。



また、気持ち的な面では、忘れ物をしにくくなる、気持ちがシャキッとする。荷物が減ると自分が何を持っているのか把握するのが容易なので忘れ物しません。また、重くないので背筋が伸び、結果的に気持ちがシャキッとします。ちなみに姿勢と気持ちは連動してるので気をつけたほうがよいですよ。この話はまたの機会に。











・具体的な荷物の減らし方



一言で言うと、








今日やるべき事を一つに絞る






これだけです。






まず荷物の多い人の特徴ですが基本的に心配性です。怪我をしたらどうしよう、電車の時間で暇な時間ができたらどうしよう、眠くなるからコーヒーも買っておこう、みたいな。自分がやりたいことではなくて、万が一のことを考えて行動します。その結果要らないものをカバンの中に入れます。使いもしないものを。




言い方を変えると、ものを持つことが「目的」になってると言えます。



本来は何かをするために荷物を持ってるはずなので、荷物を持つことは目的ではなく何かを達成するための「手段」でしかありません。



荷物を減らすためには今日やるべき事、達成したいことを一つだけに絞ることが荷物を減らすポイントです。そしてその目標を達成するために必要な最低限のものを入れると今日の荷物が決まります。




また、ものを最低限にしておくと何から始めるか、何をすべきか迷わなくて済むので作業に取り掛かるまでの敷居が低くなります。長い目で見ると、今日やるべきことが一つだけの方が効率よく物事を達成できます。









・まとめ


ものを少なくすることのメリットが思った以上にありました。いつも感じられない気づき

に気づいたり、日々の目標が明確になりました。

簡単に荷物の多さは改善できるので、皆さんも挑戦してみてはどうでしょうか。







無料ブログでメモ書きをしていた時にはそれほど難しいと思ったことはなかったのですが、ちゃんとキレイにして