服もお金もない大学生はとりあえずユニクロではなく古着屋に行け。

服関係でよく聞かれるのが、

 
 
 
どこのブランドの何がオススメですか?
 
 
 
ということ。
 
 
 
色々とアドバイスするんですが、結局値段が高すぎて買えませんというオチ。値段的な関係で多くの人はユニクロ、GUに収まります。ユニクロに関してはアウター1万円超えるのでそこまでコスパも良くないですが。
 
GUに関してはコスパ最強ですよね。アウター五千円アンダーで買えるのでびっくりです。あの値段であの形はすごい。
 
 
 
 
 
大学生の大半は金銭的な関係でみんなユニクロ、GU、ウィゴーなどで服を買うことになります。結果的に量産型の、フツーな感じの出来上がりです。うーん勿体無い。

 

 
 
 
 
 
 
・お洒落さは人との違いからくる
 
 
お洒落さというのは詰まる所他人との差異です。ある程度お洒落というのは決まっていて、その枠からいかに上手にはみ出すかということ。
 
 
つまりその差が服の質感、サイズ感、形なわけで、例えばデニム一つでもスキニー、ストレート、デーパード、ブーツカットなど様々な形があります。
 
 
でも安いブランドで買うと、いろんな人が着られるように作られている(子供から高齢者の方まで)ので、形が自然と無難というか野暮ったくなりがち。
 
 
もちろんお金を節約するという面で部分部分でユニクロ、GUを使うのは大いにアリですが、全身それで乗り切ろうと思うと安っぽく見えます。
 
 
 
 
・金がないけどお洒落したければ古着屋にいけ
 
 
お金がないなら古着屋に行きましょう。
古着屋といってもリサイクルショップのような入りやすい店が最近多くなっているのでまずはそこに行くのをお勧めします。
 
 
めっっっちゃ安いです。行くとびっくりします。
 
 
アウターも探せば1万円程度でもユニクロより良いものが買えます。
 
 
カインドールやセカンドストリート、ラグタックなど色々あるのでいって見てください。
 
古着屋で買うべきもの、買うべきでないものなど、色々更新して行くのでまたよろしくお願いします。
 
 
さらば
無料ブログでメモ書きをしていた時にはそれほど難しいと思ったことはなかったのですが、ちゃんとキレイにして