読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【レビュー】コードが絡まらない!Bluetoothイヤホン「QY8」を電車通勤の人にお勧めする3つの利点。【買いました】

ブルートゥースのイヤホン買いました、とまとです。

 

Bluetoothイヤホン「QY8」が意外と安かったので衝動買いしました。Bluetoothイヤホンなんて昔はすごいガジェット好きの人しか使ってないイメージでしたが、今となってはiphone7が発売されてからはつけてる人が増えた?イメージです。イヤホンジャックがないから増えるのは間違いないんだけれども(笑)それにしても今時Bluetoothイヤホンがこの値段で買えるのかと思うとすごいですねほんと。

 

大学生のぼくは、普段通学中の電車でよく音楽を聴くのでよくイヤホンを使ってます。Bluetoothイヤホンを使いだしてから普通のイヤホンで発生するイライラがなくなってすごく快適になりました。そんなわけで今回はBluetoothイヤホンの「QY8」を購入したのでどんな感じがレビューしたいと思います。

 

 ・QY8、買いました。

f:id:bump-rikuzyo:20170210162251j:plain

 

  QY8をアマゾンで購入。セール中で意外と安かった。3000円ぐらい。意外とかっこいい。悪くない。紐もついてるけど首の後ろを通すための長さしかなくてめっちゃ短い。

 

 

f:id:bump-rikuzyo:20170210162257j:plain

 

数秒押しっぱなしにすると電源がONに。iphone側のBluetoothをオンにしてあげると自動でペアリングが完了します。

 

 

f:id:bump-rikuzyo:20170210162302j:plain

 

消したいときには、つけたときと同様に数秒押し続けると勝手に消えます。

 

 

 

あと、横にも小さなボタンがついていて、音量の上げ下げ、曲のスキップ、戻す、再生、停止が操作できて意外と便利。ノイズキャンセリング機能もついてる上にマイクも搭載されてるので、わざわざスマホを持たなくとも通話可能という優れもの。さらには防水機能もついていて、雨ぐらいでは壊れないらしい。すごい。ただ一言、すごい。

 

 

 

 

・使っていてよかった点

 

一週間使用してて感じたことをまとめると、とにかく開放感がすごい。

 

 

・コードが絡まらない、引っかからない

 

・スマホの位置を気にしなくていい

 

・首や肩が凝らない。

 

 

 

 

 

まず、Bluetoothイヤホンに変えてよかった点のひとつめは、コードが絡まないこと電車に乗る前、家を出る前にイヤホンを取り出したら絡まってる...なんてことがない!この嬉しさは電車通勤、通学してる人にはわかってもらえるはず。

 

特に、乗る時間が短い電車の場合、コードが絡まってたら萎えますよね。10分も音楽聞けないのにコードが絡まって出てきたら解くのに5分ぐらいかかるので結局全然聞けないみたいなことは往々にしてあるはず。

 

ところが、QY8は両耳につけるイヤホンなので首の後ろに回す分のコードしかついてない。コードが短すぎて間違いなく絡まない。あと、イヤホンジャックにわざわざさす必要がないのでその辺も楽。とにかく楽。

 

 

 

さらに言えばバックパックなどの鞄の紐と、イヤホンの紐が絡まることもまずないです。電車に乗る場合は鞄を下す機会が多い。特に座るときなんかは鞄を膝の上にのせるタイプなので、降りるときに引っかかってめんどくさいことになることがしばしばあったんだけど、Bluetoothイヤホンに変えてからはそんなことがなくなってストレスフリーになりました。

 

 

 あと、さらに言えば断線する可能性も少ないのでかなり長く使えそう。

 

 

良い点の2つ目として、スマホの位置を気にしなくていい。

有線のイヤホンの場合はどうしてもイヤホンの位置を気にしないとだめでした。イヤホンジャックにさしてるのでスマホを入れられる位置がズボンやアウターのポケット、鞄の外側のポケットみたいに入れられる位置が決まってきてた。

 

ところがBluetoothとなると、無線でつながっているのでどこにおいててもいいのは良い点。家の中だったらちょっとトイレに行くぐらいだったらそのままスマホを置きっぱなしで音楽はつながってる。音楽を聴く=スマホと行動を共にしてたのが、ちょっとぐらいの距離だとスマホを置きっぱなしでもよくなってきたのだ。

 

また、電車内だと、今までの優先イヤホンを使っていて、ポケットにスマホをポケットに入れている場合、座席に座ったりするとごわごわして不快だったり、服が型崩れしたり、あるいはポケットからスマホを出す際に横の人と手が当たって気まずい雰囲気になることがあるけど、無線の場合紐の絡まりとかをきにしなくていいので、ポケットに入れたりする必要もなくてこれらの深いが全部解決しました。

 

 

あと、最後に、肩凝り、首凝りがへりました。

 有線のイヤホンだと耳から下げるので、知らず知らずのうちに首に負担がかかっていたみたいです。首から下がっていることを無意識に感じ取って首を若干下方向にしてる?みたいな(笑)

 

無線になってから目線が上がってシャキッとするようになりました。意外とこういうの大事。

 

 

 

 

・良くないなと思った点

 

・充電しないといけない

 

・充電コードを差し込むところが小さすぎて開けるのが大変

 

 

 

この2点。

 

 

公式によると、音楽の連続再生時間は約6時間、充電完了時間は約2時間です。実際に使ってみたけど本当にこんな感じでした。結構長い間使えるんだなという感じですが、実際のところ充電しないといけないというのはまあまあめんどくさい。

 

 

また、充電コードを差し込む口が小さくて、手で開けるのが結構難しかったです。結局ペンの先などを駆使して開けました。その辺もめんどくさかった。

 

 

 

 

・その他特徴、コメントなど。

 

 

・音質

音質については思っていた以上に良かった。Bluetoothイヤホンなのでかなりしょぼい作りかなと思ってたけれど、たぶんアップル標準のイヤホンと比較するなら数倍良いです。低音も高音もそこそこよくでます。この価格帯以上です。

でも音質をすごくこだわっていて、いつも1万、数万を超えるようなイヤホンを買っている方は間違いなく物足りないと思うので他のイヤホンを使うべき。って感じ。

 

 

・フィット感

結構しっかりフィットします。フィット部分のゴム?も数サイズあるので自分に合ったやつがあったのでよかったです。カナル式ということもあって音漏れとか皆無。結構な音が出るんですが、外には漏れないので安心。

 

 

・つけたときの見た目

 

つけたときの見た目は、意外と悪くない。

首の後ろにコードが見える感じ結構ダサいかなと思ってたんですが、意外と服を着ると気にならないものでうまいこと隠れてくれます。いい感じになじみます。

 

 

 

 

・とまとの一言

Bluetoothイヤホン、意外とよかった。