読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【レビュー】春に向けて1枚は買っておきたい!メンズのボーダーシャツ「オーシバル」と着こなし方3選。

ORCIVAL(オーシバル)のボーダーシャツ買いました、とまとです。

 

ボーダーシャツは別名、バスクシャツと呼ばれていて、春には必須のアイテム。前々からずっとほしいなと思ってたんですが、なかなか良いものがなかった。生地がよれよれだったり、なんか安っぽかったり、そもそもデザインが子供っぽかったり、、、。カジュアルよりのアイテムなだけに適当なものを選ぶと大失敗するのでずっと買えずにいました。バスクシャツを。

 

だけど今回、オーシバルのバスクシャツがデザイン、生地ともにめちゃくちゃよかったので紹介しておこうと思います。

f:id:bump-rikuzyo:20170216193111j:plain

orcival.jp

 

 

 ・オーシバルとは。

 

オーシバルはフランス生まれのバスクシャツブランド。1950-1960年代には、フランス海軍の制服として採用されるなど、由緒あるブランド。

 

ラッセル編みと呼ばれる、通常よりも多く糸を使う編み方をしてるので他の服と比べると頑丈で、作る時間もかかるようになっている。フランス海軍で採用されたのも納得。

 

実際に手に持ったらその辺のバスクシャツとは全然違うな、とわかるほど頑丈だったよ。

 

 

・他との違い

 

他のブランドのボーダーシャツと、オーシバルのボーダーシャツの違いは大きく3つ。細かなデザインと、生地の良さ(ツヤ感、雰囲気の良さ)、頑丈さ。

 

 

 

実はぼくは過去にユニクロのボーダーシャツも持っていました。

f:id:bump-rikuzyo:20170216201502j:plain

www.uniqlo.com

 

パッと見た感じは割といい感じ。それなりに大人っぽい雰囲気がでてました。だけど、実際に手に持ったら生地がそんなに良くなくて安っぽく感じたり、あと以外にペラペラで長く長く着れないだろうなぁといった印象。

 

あと細かいデザインもあまりよくなくて、袖の長さとか、あと首回りがすっきりしてない(ボートネックだけど中途半端)な感じがあまりよくなかったです。コスパはめちゃくちゃよくて2000円ぐらいで買えちゃうんですけど、実際に着るとなるとダサすぎて、すぐにリサイクルボックスにいれてしまいました。(体験談)

 

 

それに対してオーシバルはかなり頑丈な作りなのと、生地のツヤ感があるので雰囲気が良くて、変にシワになったりしないあたりが良かったです。あとボートネックの形もきれいで、さすがフランス産だなぁといった感じでした。

f:id:bump-rikuzyo:20170216193128j:plain

実際に中古市場でもいくつかオーシバル探しましたが、他のバスクシャツがよれよれできれそうにもない中、古着でもどれもそこそこきれいでまだまだ着れそうな感じのものばかりでした。好印象。

 

 

 

 

・バスクシャツの着こなし方3つ。

バスクシャツは結構カジュアルなアイテムなので、少し難しめのアイテムではあるんですけど、フレンチカジュアル的な感じで着こなせば、優しい雰囲気でふんわりまとまっていい味でます。さすがフランス。エレガンス。

 

具体的な着こなしとしてはモノトーンでまとめるか、フレンチカジュアルに少しゆとりのあるチノパンなども抜群に相性が良いです。また全体の形としては、コートを着るならYライン、それ以外ではIラインがきれいにまとまるなという印象。Aラインはワイルドさが先行しすぎてエレガンスさに欠けるんじゃないかな。

 

 

Iライン

f:id:bump-rikuzyo:20170216203044j:plain

http://wear.jp/shota080904/8172265/

 

バスクシャツ×チノパン。フレンチカジュアルっぽい雰囲気。細すぎないズボンを採用して、Iラインができるように仕上げてます。コンバースはチノパンと同系色にして足長効果があります。あと、ベレー帽はもともとフランスで作られた帽子なのでこのコーデにはすごくはまります。

 

 

 

Iライン

f:id:bump-rikuzyo:20170216203538j:plain

http://wear.jp/wear9037/9019711/

モノトーンでまとめたIラインコーデ。バスクシャツはボーダー柄ということもあって主張が強く、子供っぽくなりがちなのでこんな感じでそれ以外のアイテムをモノトーンにすると大人っぽく見えます。

 

この場合は帽子とバスクシャツが白系で統一、ブルゾンと靴が黒系で統一、ズボンがクレーで合計約3色コーデでしょうか。モノトーンカラー+1色にすると程よく1色が引き立って全体的にバランスが良くなります。

 

 

 

Yライン

f:id:bump-rikuzyo:20170216203902j:plain

 

コートを使ったYラインコーデ。アウターにボリュームのあるコートをもってきてるので、バランスをとるためにパンツは黒スキニーで引き締めてます。靴も黒で統一していて足長効果。あと裾をロールアップしてパンツにクッションができないように工夫されています。暗めの靴下で若干遊びを入れてる感じ。

 

また、小物はすべてグレーで統一されていて、帽子とマフラーがいい感じに統一感出してます。全体で見てもモノトーン3色+1になっていてバランスがとれてます。

 

春はステンカラーコートやトレンチコートなどを着る絶好の機会なので、是非参考にするべき。

 

 

 

 

・お買い求め先。

 

ぼくは中古で4000円で購入しました。もともと1万円程度の服なので半額ぐらい。新品でもよかったんですけど、上のほうでも話した通り中古でも全然着れます。

 

なので、ぼくみたいにお金のない大学生や、そこまでお金をかけたくない!という人はメルカリや、ゾゾタウン、その他古着サイトで購入すると良いのではないでしょうか。

 

zozo.jp

結構あります。

 

www.2ndstreet.jp

 

 

 

もし古着に抵抗のあるかたや、新品で購入したい方はアマゾンや直営店、セレクトショップでの購入をお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回はバスクシャツ枠でオーシバルを紹介しました。でも、オーシバルはパンツもアウターも、他のトップスもすごい形がきれいなブランドなので、他のアイテムも要チェックです。

 

あと、バスクシャツはシンプルなシャツで、春夏に必須なアイテムなだけに、やっぱり品質が良いもの、形の良いものを着ることが一番簡単に他の人と差別化できるので良いです。それなりの値段するものはやっぱり何年も着れるので思い切って買ってみるといいと思います。古着でも十分です。ぜひトライしてみてください。