読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男子大学生の、「今日どんな服を着ればいいんだろう?」を解決する、簡単にできる服の勉強法3つ。【メンズファッション】

どうもこんばんは、ファッションブロガーのとまとです。

 

昨日インスタグラムで知り合った古着屋さんの店長のお店に行ってきました。大学休学して古着屋の店長をやってるパワフルな人でパワーもらってきました。ちょっと変わったハンチングをお買い上げして帰宅。楽しかった。いやはや出会いは大事です。

 

 

f:id:bump-rikuzyo:20170220100011j:plain

今回購入したハンチング

 

今回購入したハンチングもだいぶ変わり種のもので、アメリカントラッドを感じさせる一品。メイドインUSAです。今時珍しい。

 

一歩使い方を間違えば60過ぎたじじい。主張が強すぎてバランスとるのが難しいので、一年前の自分だと使いこなせなかったんじゃないかなと思います。いやはや、服の着こなし勉強してきてよかった。

 

 

今回は男子大学生が必ず一度はぶつかる壁、「今日は何着ていけばいいんだ?」「どんな服を買えばいいのか?」という問題を解決する、3つの勉強法をお伝えします。

 

 なぜ大学生は服選びに困るのか。

 

大学生でどんな服を着ればいいのかわからんな、とかどんな服を買えばいいのか?とか、そもそもどこで服を買えばいいのか?といった疑問を持ってる人は多い。それもそのはず、誰にも教わらなかったから。

 

服選びはたいていの場合教えてもらいません。小さい頃は適当に親が見繕ってくれてたのかもしれませんが、年齢を重ねるごとに自分で買うようになります。もちろん親は今まで服を選んでくれてただけで、服に関する諸知識や選び方について教えてくれなかったはずなので、自分で買うとなるとかなり困ります。というか、親も教えてもらわなかったので教えられないんですよね。

 

また、一人っ子は余計に服選びに困ることが多いです。姉や兄がいると服選びについて教えてもらえたり、そもそも服をシェアして着れるのでそもそもそこまで服に困らなかったりします。だけど、一人っ子は自分で着る服は自分で選ばないといけないのでダサくなるかお洒落になるかは自分の努力次第になりがち。苦労しがちです。そんなぼくも一人っ子で中学高校の時に苦労しました。

 

そういうわけで、この世の中の大半はどういう服が良いのかわからないまま、自分の服に自信を持てないまま過ごすことになります。

 

 

 

服選びに必要な知識とは

 

服選びに必要な知識は次の3つ

 

・どんなコーデをしたいのか(目的)

 

・どういう着こなしがお洒落に見えるのか。(手段)

 

・アイテム選びの知識(良いものと悪いものの見分けがつくか?)

 

 

 

たったこれだけです。ひとつずつ見ていきましょう。

 

 

 

 

 

まず、どんなコーデをしたいのかということですが、これが意外に決まってない人が多い。どんな服を着ればいいのかわからないんです...という人の多くは、自分が将来どんな服を着て、どんな感じになりたいのかイメージできてないんですよね。

 

これって受験に例えていえば、いい学校入りたいんです!って言って勉強はするけど、志望校決まってなくて何勉強すればいいのかわからない状況に似てます。

 

普通は志望校決めてから、それに合った勉強をしますよね?なんでファッションになった瞬間そういう概念がなくなるんでしょうか?

 

 

 

次に、どんな着こなしがお洒落なのかわかってないということ。例えば、お洒落になるためのブログやファッション誌などではよく見るやつですが、AインとかIラインとかYらいんみたいな、どうすればきれいな形に見えるかという知識がそもそもなかったり、詳しく理解できてないということです。あとはストールの巻き方などの小物の使い方とかね。

 

たぶんみんな一度は聞いたことあると思うので、そんなもんわかってるわ!と言いそうになると思うんですが、本当に理解できてますか?ということ。基礎は大事です。

 

 

後最後はアイテムそのものの知識です。どういう形のものがお洒落で、どういう形のものはあまりよくない、などブランドにとらわれず自分で服を判断できるようになるということはとても大切です。

 

というのも、古着屋さんで自分で服を買うようになったりすると、偽物が混じってたりするのでこれは本当に良いものなのかどうかを判断する必要があります。またセレクトショップに行く場合でも、利益を出すための安いアイテムと、本当の目玉商品が混じっているので、それを見分ける力がないと自分が損します。

 

 

 知識を最短でつけるための3つの勉強法。

 

服を勉強する方法はいくつもあります。ちなみにぼくは大量に服を購入しつつ、様々な本や雑誌、いろんな人の話を聞いて勉強しました。月に数万円かけないとお洒落になれないといわれ、服を月に5~6万円もかけて購入し続けてました。結果的にどれが良くてどれが良くないのかわかるようになりました。

 

だけど、本当に毎月数万円かけないといけないの?ということ。今振り返ると絶対そうでなくてもお洒落になれると思います。

 

ということでお洒落になるための3つの方法を紹介します。

 

 

 

 

ひとつめ

ファッションスナップを見る

 

何を着ればいいのかわからない一番の原因は、自分が将来どんな感じのコーデをしたいか解っていないことが一番の原因。お洒落な人だとアイテムを見たときに、こんなコーデがしたいなとパッと思い浮かぶものですが、初心者だと引き出しが少なすぎてできません。思い浮かびません。

 

そこでその引き出しを肥やすために大切なのがファッションスナップを見ること。将来どんな服を着たいのかわかるためにはこの作業が必須です。自分がこんなのになりたい!というイメージに合った写真を保存するなりなんなりして収集します。そこで、その写真になぜ自分は惹かれたのか考えるのが大事です。オーバーサイズのコートが良かったのか?それとも靴が良かったのか?デニムのサイズ感か?

 

集めれば集めるほど自分がしたいコーデの共通点がわかりだします。

 

 

で、ファッションスナップを収集する際にお勧めなサイトをいくつか挙げておきます。

 

street-fashion-snap.com

有名です

 

baycrews.jp

staffsnap.jp

この二つはショップ店員のスナップで参考になります。

 

wear.jp

 

いわずもがなWEAR。アプリでお気に入り、フォローが簡単にできるので使いやすい

 

 

 

 

 

ふたつめ

本、ブログを参考にする。

 

今時、お洒落になるための法則みたいなのがあふれてます。いくらでもお洒落になるためのヒントが転がってるのは良いですよね。

 

雑誌などは基本的に広告そのものなのであまり参考にならないんですけど、意外とブログや本に良いヒントが載ってます。その中でも飛びぬけて有名なのはファッションバイヤーMBさんが運営するブログ、knower mag。何冊も本を出版されてて、学校の生協の中にも並んでたので間違いないでしょう(笑)びっくりしました。

 

ユニクロでどうなればお洒落になるのか?をベースにして、AラインYラインIラインの解説や、服の着こなし方について赤裸々に書かれています。知識をつけるにはもってこいです。

www.neqwsnet-japan.info

 

割と昔からあるブログなので結構文章量が多くなってます。全部役に立つ情報しか載ってません。

 

ただ、ブログにはメルマガの告知も結構入ってて昔の記事とかまで読むのはそこそこ気力がいるので、要点だけさらっと読みたい人はこの人が出版されてる本を読むのをお勧めします。

 

 

最速でおしゃれに見せる方法

最速でおしゃれに見せる方法

 

 

 

Men's ファッションバイヤーが教える 「普通の服」でおしゃれに見せる方法

Men's ファッションバイヤーが教える 「普通の服」でおしゃれに見せる方法

 

 

 

メンズファッションの解剖図鑑

メンズファッションの解剖図鑑

 

 

 

 

あと最後、

誰かと一緒に買い物に行く

 

お洒落な誰かと一緒に買い物に行くのは大事です。ファッション初心者が一人で服を買いに行くとなるとアイテムの知識が薄っぺらいので、今後使えないものを購入したりします。僕も実際いらないアイテムを買いまくってました。ユニクロで安いからと言って1000円のシャツ5枚とか。。。実際よく使うのはそのうちのたった一枚でしたね。

 

お洒落になるためには大量に服を購入して、どれがいいのか悪いのかをしっかり見決める知識や力をつけるのが重要なので、安く変えるからと無駄金を使うとすごくもったいないです。結果的に結構なり金額になります。なので教えてくれる人がいるのといないのでは大分違います。

 

もし誰かお洒落な人が一緒に来てくれるとなればアイテム知識豊富ということもあって嬉しそうに教えてくれます。きっと。無駄なもの買わなくて済むのと、どれが良いのかわかるので、一人で来るよりもいいものが買えます。絶対にそうするべき。

 

 

もしくは、今時はクラウドサービスBASEなどでもコーディネートをしてくれるサービスは結構たくさんあるのでそちらに依頼してみるのも結構いいかもしれません。お金貰って仕事してる分、きちんとした提案をしてもらえます。お友達に頼むのがめんどくさかったらこういうサービスを使うのもアリです。

 

 

 

また、服を大量に買うお金が無かったり、買いに行くのがめんどくさい人はとりあえずレンタルサービスを利用してみるのもお勧めです。有名どころで行くとleeapなんかがそう。自分のこうなりたい!というイメージのスナップを送ると服選びのプロがアイテムを勝手に選んで送ってきてくれる仕組み。

 

 

f:id:bump-rikuzyo:20170220113256j:plain

 出典 メンズファッションレンタルサービスleeap

 

しかもレンタルできるブランドはなかなか有名なブランドばかり。結構お値段張るセレクトショップが並んでます。

 

f:id:bump-rikuzyo:20170220113738j:plain

 

出典 メンズファッションレンタルサービスleeap

 

月額7800円で4つアイテム借りられます。

一つ当たりたったの2000円でセレクトショップのアイテムを一か月使えるから、すごくお得です。返却期限は決まってないので、そのシーズンの間使い続けるみたいな使い方もできそう。気に入ったら購入可能。しかも初めの月はサイズ交換などもしてくれるそう。

 

自分に何が似合うのかわからなくてもプロがLINE@で相談に乗ってくれることも考慮すると、7800円はかなり安いですね。

 

地方在住で服を買いに行くのがめんどくさいとか、服を買いに行く服が無くて悩んでる人にはもってこいですね。色々な服を試す、目を肥やすという意味ではかなり安い投資じゃないかなと。

 

出典  メンズファッションレンタルサービスleeap

 

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?お洒落になるためにしてきたことをできるだけ体系化して書いてみました。自分の服に自身が無い方は、とりあえず3つの方法を試していただきたいなと思います。

 

また、メンズファッションレンタルサービスのleeapも個人的にすごく気になってるサービスなので、自分自身も試してみて近いうちにレビューしたいと思っています。乞うご期待。

 

ではまた!