読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近クラウドソーシングサービス、ランサーズではした金を稼いでみてる件。

皆さんランサーズってご存知でしょうか。クラウドソーシングサービスなんですが、簡単に言えばフリーランス(受注者)と企業(依頼者)をマッチングするサービス。最近はそんなサービスを使ってはした金を稼ぐことにはまってます。一日で2000円稼いだぜやっほい。

 

f:id:bump-rikuzyo:20170321221120p:plain

 ランサーズを久々にのぞいてみる

 

ランサーズを始めて使ったのは去年の今頃でした。まだブログでお金を稼ぐなんて言うノウハウがあまり表だって出てなかったころです。(出てたけど俺が知らなかっただけ?)ランサーズはWEBサイト作成やロゴの作成から、ライティングの仕事まで様々な仕事がありますが、一年若かった僕はなぜライティングの仕事が素人に回ってくるのか、そしてその仕事でなぜお金を貰えるのか不思議でたまりませんでした。

 

不思議は不思議なままでしたがとりあえずあれだこれだと実践してました。一か月ひたすらやり続けた結果稼げたお金は2000円でした。そして僕はランサーズを後にすることになりました。まあそらそうですよね。生活できないですもん。

 

 

そんな僕が一周回ってもう一度ランサーズに舞い戻ってきました。きっかけは祖母と祖父のお葬式がきっかけ。どちらも母方のほうが亡くなったのですが、何せ田舎だったので数日間そこから帰れませんでした。当然仕事もキャンセルでお金が足りなくなってきます。ブログ収入なんてあるわけないので少しでも足しになればいいなという一心で、というかちょっとした出来心でランサーズを覗くことにしました。

 

昼間は葬式準備やら何やらでなかなか忙しい時間が続いてましたが、皆年寄りの集まりだけあってみんな夜は早かったです。ぼくはいつも普通に夜の2時ぐらいまでは起きてるので全然ぴんぴんしてました。暇だったので3時間ぐらいランサーズを使って稼いでみることに。

 

3時間で2000円かせぎました。

3時間で2000円稼ぎました。3時間といっても3時間お菓子を食べながら、寝転がってだらんとしながら2000円です。立ち仕事ほどしんどくはないし悪い金額なのではないのではないでしょうか。本来ヒマで仕方なかった時間帯がお金に変幻したのは少しうれしかったです。

 

よく言われるのはブログを毎日更新してるだけでお金が入ってくるからランサーズなんかに記事を入れずにひたすらブログ書いてたらいーんだよ!グリーンだよ!っていうひとも結構見受けられるんですけど、個人的にはブログはお金を稼ぐ場というよりかはみんなとつながって意見を交換する場でもあると思うし自分なりの意見や体験を書いてるうちに誰かの役に立ってお金が入ればいいなあと持っている程度なので、いわゆる趣味程度にしか思ってないんですよね。

 

だから初めからブログ一本で何とか食つなぐぞ!というよりかは、趣味の一つでやってるブログが収入をちょっとずつ生み出してるみたいな状況が最高かなと思ってます。

 

 

 

おっと、話がずれましたが

 

 

結局のところ僕はアルバイトだけでしかお金を稼げない大学生よりも、ランサーズなどのクラウドソーシングなどをつかって色んな手段でお金を稼げるような人になっておく必要があると思うんですよね。アルバイト先がいつまでもあるとは限らないし、いつまでいるかもわからないし、もしかしたら店長に嫌われてシフトを入れてくれない日が来るかもしれませんしね。

 

 

だからこそ一見時給が低いように見えるランサーズでも、きっとそれなりのお金を稼ぎ出す方法があると思うので何とか試行錯誤してそれだけでもとりあえず不自由ない生活を送れるようにはなってみたいですね。

 

 

ランサーズを再開して一週間たってよかったこと

 

最近はアルバイトを入れれば入れるほどブログを書く時間や、自分が何か体験したいことに割く時間を得られなくなっていくのであまり入れないようになってました。それはそれでよかったんですが、その代償としてお金が足りないという事態に見舞われています。当たり前のことですが、その辺は難しいですよね。目先のお金のためだけに働いて自分の本当にやりたいことを見失ったりできなかったりするのは本末転倒だと思いますけどね僕は。

 

僕はアルバイトを入れすぎていて多い時で月15万程度稼ぐ月もありました。でもその時は本当に精神的にもしんどかったし、何もやる気が起きなかったです。自分が大好きな服の手入れや靴の手入れもままならず(3月21日本日、ようやくすべての靴を手入れしました)自分でも何がしたいのかよくわからない時期を過ごしてました。やっぱりバイトはそれほどするべきものではないですね。

 

ランサーズをはじめとするクラウドソーシングサービスを利用して仕事を行うことで、隙間時間にちょこっとお金を稼ぐことができるようになりました。昔でいうところの内職的な位置づけですね。受注者はそれほど単価は高くないものの自分の自由な時間に自由な場所で仕事が行えるという利点が、発注側は普通に安くで仕事をお願いできるという点でWIN-WINの関係が築けているのはすごく良いこと。

 

もちろんランサーズでは内職っぽい仕事から、がっつりプロジェクト的なお仕事もあります。プロジェクトとかになってくるとがっぽり稼げそうですがその分締め切りなどや責任が伴うためまだ挑戦で着てません。

 

 

内職のような仕事をこなしていることもあって基本的に文字単価はかなり低い(0.2円とか)なので時給を約1000円程度まで引き上げようとするとやはり数をこなさないといけないということになります。そういう影響もあってか短い時間の間であっても2000文字程度であればさらさらと書けるようになりました。下積みをするという点ではタスクにひたすら挑戦するのはあながち間違いではなさそうですね。

 

ランサーズの悪い点

そこそこ良いところも多いランサーズですが、やっぱり当然悪い点もあります。個人的によくないなあと思うのは手数料の高さ。はっきりどの程度、報酬から手数料を引かれるのかははっきり覚えていませんが500円程度の仕事をすると大体100円程度がランサーズによって手数料として引かれてしまいます。ランサーズが存続していくためには必要なんでしょうが500円のうち100円を取られるというのは結構大きいです。額が小さいのでそれほどのように思いますが数をこなせばそれなりのもの。きっとランサーズはもうかってるんだろうなあ。

 

また、振込手数料もそれなりに高く設定されていて500円ほどが必要です。結構でかい。楽天銀行だと手数料は100円で済むそうですけど、ATMから引き出す際に200円ちょっと手数料がかかることや他の銀行からお金を移し替える際にも手数料が発生することを考えるとなんだかめんどくさくてたまらないので作りませんでした。

 

いずれにせよ、ランサーズには搾取されまくりでしんどいなあといった感じです。

 

 

まとめ

良い点も悪い点もいろいろあったランサーズでしたがやはりインターネット環境さえあればどこでも仕事できるということ、また、それが全くの素人でも可能であることはやはり便利な時代になったものだなと思います。

 

一年前はお遊び程度でしたが、今回はそこそこガチにやってみてどれほどお金が稼げるのか楽しんでやってみようと思います。

 

ランサーズはお金が稼げない、時間給のほうが大分コスパがいいといわれますが普通に1日1000円、それを毎日続けたら3万円になりますし、2000円だと6万円です。スマホ一台あれば空き時間になんとでもできるので悪くはないと思いませんか?

 

また報告します

 

ではまた。