【ショーケース作り】大学生ダンサーが曲選びに困ったらSound Cloudを使うべき。【ダンス】

皆さんSound Cloudってご存知でしょうか。簡単に言うと音楽版YOU TUBE。

f:id:bump-rikuzyo:20170325172714j:plain

 

sound cloudのサービスは簡単に言うと、アーティスト自身が自分の曲を不特定多数の人に曲を聴いてもらうためにアップロードするためのWEBサービス。もちろん有名な人からそうでない人まで、すごい大人数から支持されてます。

 

ちなみに最近ではアーティストだけにとどまらず、世界各国のDJがリミックスした音源まで聞けるようになってきています。もちろんダウンロードも可能です。

 

そう、実はこれ

 

大学生がショーケースに使うときの曲を探すときにピッタリのアプリなのです!!

 

今回は詳しい使い方とダウンロード方法についての紹介。

 

 DJ MIXが多いのが特徴

音楽のストリーミングとして使うだけなら最近日本に進出してきたsportifyやiphoneでおなじみitunes、LINEミュージックなど様々なアプリがあるのでそれでよいのですが、そんな中Sound Cloudがずば抜けて大学生ダンサーにお勧めできるのはDJ MIXの多さにあります。

 

少し前まで著作権などの関係から2015年頃までDJ MIXやその他著作権に反する音楽はすべて削除することで対応を取っていましたが、2016年頃には包括的な音楽著作権の使用契約を締結した結果、DJ MIXが削除の対象でなくなったため、ミックス曲が爆発的に増えました。

 

sportifyなどもMIX曲が徐々に増えつつありますがやはり曲数はダントツでSound Cloud一強という印象を受けます。

 

ダンサーからすれば原曲だけでなくある程度MIXされてる曲も楽しく踊れるのでショーケース曲探しにはもってこいです。

 

 

とりあえず会員登録するべき

インターネット版

soundcloud.com

 

アプリ版

SoundCloud: 音楽&オーディオ

SoundCloud: 音楽&オーディオ

  • SoundCloud Ltd.
  • ミュージック
  • 無料

 

会員登録をすると自分の好きなアーティストさんやDJをフォローできたり、曲にいいねのようなものを押せるようになります。いいね押した曲は勝手にリストになるので会員登録は必須ですね。

 

会員登録するとはいってもフェイスブックorグーグルアカウントがあればそれで認証が終わるので楽々です。もしも両方持ってなかったらアカウント作りましょうね。

 

 

ちなみにWEB版、アプリ版ともに基本言語は英語です。日本語はないのであきらめましょう。

 

 

自分の気に入った曲や曲のアップロード者をフォロー、いいねしておくと、ダンス練習などの際にかける曲に困らなくなるのでお勧めですよ。ただiphoneアプリだけでは曲をダウンロードできないので通信制限などを気にする場合は多様できなさそうですね。

 

基本的にダウンロードはWEB(PC上)でしかできないので、もしもダウンロードして直接iphoneに取り込みたい場合はめんどくさいですがPC上で行わなければならないですね。ダウンロード自体は簡単ですが(後述)

 

曲の探し方

 

一番大事なやつ、曲の探し方。

 

 

Sound Cloudにはチャートランキングがあって、TOP50までが表示されます。もちろん曲のカテゴリごとに検索することもできるのでそこから探すのもありなんですけど、ダンスらしい曲はあんまり見つからないんですよね。。

 

EDMやガールズなどで使えそうな曲とかは結構見つかりやすいんですけど、LockやPOPで踊りやすいディスコミュージックはランキングからはあまり見当たりませんでした。そう考えるとダンス人口はまだまだ少ないのかなと思ったりもします。これだけ有名になってもダンスはまだまだマイノリティなんですかね。

 

なので僕が個人的に探すときは大体2種類の方法で探します。

 

まず一つ目は素直に○○(ジャンル名)Danceで検索すること。僕だとLockしてるのでLock Danceですね。定番曲、有名曲だと意外と出てきます。you tube等ではあんまりまとめられてない曲もsound cloudだと出てくるので新たに聞く曲もちらほらあるかもしれませんね。僕自身知らない曲でよさそうな曲が何曲か見つかりました。

 

ちなみにFunk musicやdisco musicなどで検索するのもありなんですが思い描いてた曲がヒットすることはあんまりなかったですね。#Funkといったような感じでハッシュタグで検索することもできるようですがそれも微妙でしたね。曲探しは難しいなといったところでしょうか。

 

次に二つ目は、有名曲で検索にかけること。例えば、Lock曲だとHOW GEEなどが有名ですね。それで検索するとHOW GEE原曲はもちろんですが、それをMIXしてるDJさんも検索に引っかかります。(もちろんDJさんは他の曲もMIXしてると思うので、)その人のページに行けば、他の曲も探すことができるので効率が良くお勧めです。

 

まあどちらにせよ曲数はすごく多いので当然当たりはずれも多いですね。根気よく探すと自分しか知らないDJさんと巡り合うこともあります。そういうDJに巡り合えると本当に最高ですね。自分で探すだけでなく、曲探しが趣味(?)のダンサーたちとお勧めの曲を交換し合うのも手っ取り早くてよいです。

ダウンロードは簡単。

 

anything2mp3.com

 

ここのサイトを開いて、URLをぶち込めばダウンロードできます。ちょっと広告がおおいですが使い勝手は良きです。

 

URLの獲得方法はSound Cloudの「Share」をクリックして出てくるURLをここのサイトにコピペすればOKです。完了するとClick here to download~みたいな文章が書いてある緑のところが出てくるのでそこをクリックするとmp3形式で自動でダウンロードされます。

 

 

すごく簡単なんですが、一部違法アップロードされている曲である場合もあるのでそういうのは間違えてダウンロードしたりしないようにする注意だけはしましょうね。

 

 

ちなみにサウンドクラウドのみならずYou tubeもMP3に変換できるそうです。

 

 

今日の総括

今回はSound Cloudの紹介でした。世界的にはすごくメジャーなサービス。日本国内でも少し音楽をしている人からすれば知ってて当たり前のアプリケーションだそうなんですが、意外とダンス初心者の人からすれば知らない人が多いのではなかったでしょうか。

 

実際のところ僕もダンスを始めてからしばらく経ちましたが、上手なダンス友達に教えてもらう数か月前までは存在を全く知りませんでした。(笑)

 

この時期4月には新入生の勧誘などでショーケースをすることも多々あると思うので曲選びに困った際にはぜひ使ってみると捗るかもしれませんね。とりあえず入れておきたいアプリですね。

 

無料ブログでメモ書きをしていた時にはそれほど難しいと思ったことはなかったのですが、ちゃんとキレイにして